講師の紹介 

★プロフィール

 

 

 

 

 

 

仕舞『岩舟』(平成12年7月2日・第20回名古屋春栄会)

金春穂高(こんぱる ほだか)

1965年奈良県生まれ。神戸大教育学部卒。奈良市在住。

シテ方金春流77世宗家=故・金春栄治郎の孫、故・金春晃実の長子。

1969年『花筺』の子方で初舞台。1978年『初雪』で初シテ。

1980年『石橋』、1986年『乱』、1997年『道成寺』、2018年『卒都婆小町』を披く。

 

 

演能の予定

 

(令和4年) ※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、公演が延期や中止となる可能性があります。

 

日 時

催 事 名

場 所

演 目

備 考

1月16日(日)

 12:30〜

金春会定期能

国立能楽堂

能「弱法師」金春穂高

料金
 一般:5,000円
 25歳以下優待席

    :2,500円 (脇正面)

 (全席自由席)

 

 

※ここに掲載されている演能の予定の詳細については、こちらからお問い合わせください。

     

※チケットに関するお問い合わせも、こちらからお願いします。

 

[ 活動の紹介 ] [ 催事の案内 ] [ 活動の記録 ] [ 能のミニ知識 ] [ 入会の案内 ] [ 能のリンク集 ] [ 能の随想 ] [ 会員の紹介 ] [ 掲示板 ]